S RING
2009 CLOTHES / 衣服



   

S Ring is a device of the future which gives us a glimpse of how perfume and other airborne compounds may change how we communicate.

香水と化合物がコミュニケーションの形を変える未来の指輪 S Ring。

Silver, glass, piezo ceramic, feather, custom circuit, wire, rechargeable battery, perfume.

S Ring:シルバー、ガラス、ピエゾセラミック、羽、カスタムプリント基盤、ワイヤ、電 池

Size: 8 (US)

W16mm x L31mm x D16mm (box: D10mm)

Collaborator: Carolanne Patterson

The idea of a love perfume which causes another to fall instantly in love has existed for centuries. Historically these scents have been sold with skillful banter, but today we utilize science by synthetically producing many pheromones the body produces. S Ring brings style and control to scented jewelry by releasing a pheromone laced perfume into the air surrounding its wearer.

Playfully the wearer could then open their hand and direct the scent, perhaps toward a desirable other. While we may not be able to accurately effect the behavior of others with pheromones today, in twenty years that will change. Imagine a pheromone mix concocted after analyzing another's DNA. Without their knowing, their behavior could be unconsciously influenced. Trying to read others motives and protecting yourself from unseen influences, such as airborne compounds, may be part of the future. Or perhaps a new art of scent based communication will emerge.

The inspiration for S Ring comes from a love of scent and creating perfumes. As a designer of interactive garments, I strove to create a scent carrying device for the body which was beautiful and functional. As an avid perfumer I created 6 scents for the ring which can be used to relax or be playful. By touching the side of the ring micro-droplets are emulsified from the tip of the tube, evaporating into the air.

古来から好きな相手を射止めるために、と様々な香水が冷やかしで売られていた。近年、 人間のフェロモンは科学的に合成できるようになり、ラブポーション、本物の媚薬が実現 可能な時代となった。S Ring は、押すとフェロモン入りの香水が周りに放出される指輪だ 。

例えば、自分の手の中に香水を放出し、相手に嗅がせることもできる。一つの遊び、会話 のネタにもなる。現代はフェロモンを使って精密に人の気持ちや感動を変化させられない が、近未来にはこの効果が改善されると思われる。無意識に嗅いだ香水が勝手に自分自身 の気持ちを変えるという、少し違和感のある時代になるかもしれない。あるいはコミュニ ケーションをとる新しい方法として今までないアートフォームになるかもしれない。この ことを考えさせる S Ring。

S Ringのインスピレーションの基は、作家が香水に魅せられたところからはじまる。香水 をつける側から製作する側となり、インタラクティブファッションを製作する作家として 、着られる香水、しかも好ましいタイミングで出せる装置を創出した。将来、フェロモン や他の化合物が、嗅覚を経由するコミュニケーションの方法を変えるだろう。嗅覚は普段 、一番軽視されている感覚である。 香水は6種類、男性女性それぞれが反応する調合を施した。香水は指輪にあるチューブの 先からマイクロドロップで放出される。